糖質制限ダイエット2

糖質制限ダイエット2

糖尿病の原因は様々ですが、肥満が理由で血糖値が上がりすぎて、下がらなくなってしまったといった人といった場合、肥満が解消されると糖尿病が治ってしまうという人も少なからずいるのです。

そのような人は顕著に体重減少効果があり、糖質さえ抜けば、その他の食べ物はある程度どんどん食べても適切だという、今まで食べる量を減らしてひもじい思いをしていたダイエットと比較して画期的だったこともよく知られている要因です。

糖質を摂取してしまうと、小腸で吸収された糖質は肝臓に運ばれ、そこから血流に乗って全身にエネルギー源として運ばれます。この時の血中濃度を血糖値といいますが、糖質を摂れば必然的に血糖値が上がっていくのです。

この血糖を細胞に取り込ませる作用をもつホルモンがインスリンというホルモンです。

糖質摂取→血糖値上昇→インスリン分泌→血糖値下降

というプロセスが流れとなっていますが、この血糖はエネルギー源として必要な細胞、特に筋肉などに運ばれます。

しかしながら、日常的な消費カロリーが多くない、運動不足の人にとって、無意味に筋肉に糖を貯めておく必要はありませんので、消費カロリーが少ない人はエネルギーが余ってしまうことだと考えられます。

この余った分は、肝臓や脂肪細胞に、中性脂肪として蓄えられるという仕組みなのです。
でしたらどうすれば?ということをいえば、不必要に糖質は摂るべきではないという理由です。
インスリンが分泌されると、その時同時進行で血中にある脂質も体脂肪という形で取り込みやすくなるのです。つまりは、インスリンはエネルギー源の取り込みブースター(推進装置)といったものだと認識しておくとよいでしょう。

糖質制限は、砂糖といった甘いものをはじめ、ご飯やパン、麺類といった主食となる炭水化物の摂取も控えます。

詳しい内容が簡単なため、はじめやすいというという理由で、ダイエットするために「まずはご飯を抜く」ところからスタートした方が多いように思われます。
「まずご飯を抜く」が落とし穴糖質をまるっきり摂取しなくても、体内ならアミノ酸やグリセリンから糖質を作り出すということができますので、確実に食事から摂取する必要がないといった声も存在します。

極論、生理学的に糖質を摂取する必要はないとされるのは嘘になることはございませんが、あえて米や麺類、パンなどから完全な形で決別する必要は本当にあるのでしょうか?

それなりに、不容易に摂り過ぎていれば量を減らすることをお勧めしますが、以前から糖尿病である人以外に、厳格な糖質制限食をすることが必要であるかは疑問だと思います。

そして、徹底的に糖質制限を本などで読んで学び、熟知して確信した上で行うのであれば何の問題もありませんが、たくさんの人がよく理解せずに「とりあえずご飯を抜く」からはじめてしまうのです。

糖質制限食では、糖質を減らしたかわりに、その他のエネルギー源となるタンパク質と脂質の摂取量を増やしていきます。

それによって、元々はあまりエネルギーにかならないご飯やパンや麺類を減らした分、栄養価の高レベルの肉類などが増加してくれば、重要なエネルギーは体内の体脂肪をエネルギー源として、必要な栄養素を体内に取り込んで健康になるということが可能です。

この、タンパク質や脂質の量を増やすということを認識せず「ダイエットというものは食べる量を減らすこと」が頭から離れていない人は、単なる危険性なアンバランスな食事、栄養不足を起こす食事をしてしまって体調を崩すことです。

糖質制限を安全にするといった場合、ある意味今までより食べる量や摂取カロリーが増加することさえあります。しかしながら、体の代謝不良が起きていた人は代謝が改善されることで、今までより食べているのにやせるということは十分考えられます。

反対に栄養不足でガリガリに痩せてしまっている人は、太ることが可能だということも覚えておいた方がよいと思われます。

糖質制限で20kgや30kgの減量を実現させている人は、当然ながら80kg以上などの明らかな肥満の人であります。

60kgの人が20kgや30kgになる減量法ではないと言えます。

どちらにせよ知識が必要そう。どちらにせよ、自分自身が何の食べ過ぎ、摂らなすぎなのかを認識するのがダイエットではないでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です